スロージョギングに適した靴とは?

ミズノ ラン講習会

スロージョギングに適した靴とは?

ジョギングシューズ足サイズはもちろんですが、自分の走力、クセにあったものを選ぶようにすることが基本です。

初心者、スロージョガーの場合ソールがしっかりしたジョギングシューズがおススメ!

記録を狙う上級者になると”速さ”を求めるためにソールが薄く軽量な靴を履くこともありますが前提として筋力があってのこと。

初心者が「軽い方が良い」と考えることなく軽い靴を選ぶと筋肉への負荷が強くなり早々に膝、腰などに痛みを覚えることがあります。

ジョギングシューズ自体は重たくなりますが足の衝撃を緩和サポートしてくるソールは毎日継続して走るため大切な要素です。

ちなみに上級者向けより初心者向けシューズの方が価格が高いことがあります。

なぜか。

走り始め筋肉が足りない初心者の「足」を守るソールは当然、高価になるのです。

膝、腰など痛めて病院に通い続ける手間、費用を考えれば安い投資と考えましょう。

Q.どのブランドが良いの?

(私の知る限り)日本人に多いとされる足幅広めの人にはアシックス、ミズノのジョギングシューズ、足幅広めではないひとはNIKE(ナイキ)を選ぶ傾向にある模様。

自分に合ったジョギングシューズがよく分からない場合、各ブランド履き比べ・・・も良いですが(笑)ランニング専門ショップに出向き定員さんに相談しながら選びましょう。

Q.履いている内に痛みがでた。

「自分に合う靴はこれだ!」と念入りに試着、購入したジョギングシューズであっても実際に使い始めて実は自分の足にあっていなかった、足裏が痛くなったということがままあります。

そんな時は購入ショップに相談、中敷きを作ってもらうことで解決することがあります。

私の経験談:ブランドショップで中敷きを作成

ジョギングではなくウォーキングシューズですがアシックス・ショップにて中敷きを作ってもらった経験があります。

アシックス公式オンラインストアで入手した靴でしたが実店舗でも相談、無料で中敷きを作ってもらうことができました。

履いている間にトラブルを抱える可能性を考えると公式ブランドショップで購入することのありがたみを痛感した出来事でした。

Q.買い替え時期は?

ソールがすり減ってきたら買い替え時期です。

ちなみに道具ことスパイクにこだわることで有名なイチロー選手の場合、ほぼ使い捨て状態と聞いたことがあります。

また知人フィットネスクラブ・インストラクターの場合、シューズは月に1度買い替えると話していました。

靴に対してダッシュを繰り返すなど過度な負荷をかけないスロージョガ―であっても、大切な足を守る靴は定期的に交換すると決めておくことで「いつの間にか踵がひどくすり減っていた」「膝が痛くなっていた」というトラブルに見舞われることがなくなります。

参考まで30~50㎞/月走る先輩スロージョガーの場合、1年に1度靴を買い替えると話していました。

1年に1度ならすこぶるキリが良い(笑)。正月や誕生日に新しい靴を新調すれば気分一新、励みになりますね。