階段で筋トレするなら登るより降りる。

「階段を登って筋トレ」と考えている人も多いのでは?

実は階段は登るよりむしろ降りた方が筋トレになります。

今や世界的にも有名になった高尾山などに行くと登山道で完全に歩けなくなってしまった高齢者をよく目にします。

ひとりやふたりではないのです。

登山道を下っていると実に多くの立ち往生した人に出くわすので驚きです。

なぜか。

「上りは疲れるからケーブルカーを使って、下りは歩いて山道を楽しもう」なんて甘い考えを持っていた人の末路です。

登りは心肺機能を、下りは足を中心とした筋肉をフル稼働しなければ安全な登山はなし得ないのです。

以上のことからも分かるとおり、階段を使って筋トレするなら下るのみ!

行きはエレベーターを使っても良いので下り階段を使って筋トレしましょう。

階段を使った筋トレ法

ポイントはゆっくり降りること。

まさにゆる筋トレの世界です(笑)。

具体的な目安は以下のとおり。

1段/約1秒

実際にやってみると分かるのですがゆる筋トレに慣れた人でも、これはかなりゆっくりペースであることがわかります。

普段、難なく歩くことができる人などは階段をスタスタと降りてしまいがちですが、実はゆっくり降りて初めて足全体の筋肉にアプローチされます。

駅の階段などで、このペースで階段を降りていると正直、後ろからクレームがあがりそうなのでやめましょう。

外階段を使って筋トレするなら誰もつかっていないことを確認する必要があります。

神社へ続く長い階段などオススメ。

人がいない上に急勾配です。

階段の高さがあれば自然に時間もかかるようになります。

膝に痛みがある人は注意!

階段を下る時、一時的に片足に全体重がかかるため膝に痛みがある人は悪化させてしまう可能性があるので注意しましょう。

実は膝を守るためにも足の筋力は必要なのですが、無理は禁物です。

無理ない範囲で行う事が前提ですが、ゆっくりと階段を降りることで膝に負担がないよう姿勢に気をつけながら降りることもできるようになります。