ミズノ・ランシューズ「エニグマ5」と「エニグマ6」を比較

ミズノ公式オンラインショップにて「ウェーブエニグマ5」をセール価格で購入。

「ウェーブエニグマ」としては現在”6”が最新モデルとなるも1世代古い”5”であっても「ウェーブエニグマ」であることに変わりない!

という訳で今からでも「ウェーブエニグマ5」を買ってみたい人のために詳細チェック!加えて先日ミズノランニングスクールで試し履きしてみた最新「ウェーブエニグマ6」と並べて比較した様子をレポしてみました。

ミズノウエーブエニグマとは?

スポーツ専門ブランドミズノより販売されているランニングシューズです。

ミズノで販売しているランニングシューズの中でもまだ筋力がしっかりついていない初心者向け、ソールが厚くクッション性が高いシューズです。

私がミズノウェーブエニグマに出合ったのはウェーブエニグマとしては最新となるバージョン6を試し履きしながらランニングスクールに参加したことが切っ掛け。

スロージョギングを始めて2カ月経過の頃、調子に乗って走っていたツケが回ってきたのか、足裏、更には膝に若干の痛みを覚える今日この頃。

少しでもクッション性が良い靴でジョギング人生を少しでも長く続けたい思いでウェーブエニグマに白羽の矢を立てました(笑)。

^TOPへ戻る^

「ウエーブエニグマ5」買ってみた感想

ミズノ ウェーブエニグマ5
ミズノ ウェーブエニグマ5

ミズノ公式オンラインショップより配達ほやほやのウェーブエニグマ5です。

写真で見たときはどちらかというと「赤」に近く見えたのですが実物はキュートなピンク色でした。

私にとってウェーブエニグマ印象は正直「厳つくて武骨な奴!」だったのですが「なんだ、とても女性らしいデザインじゃない」と一気にイメージが変わりました(笑)。

ミズノ ウェーブエニグマ5
ミズノ ウェーブエニグマ5

通気性を考えたアッパー。

1年を通して蒸れて暑くなりがちな足元ですがこれだけしっかりした通気が取られていれば足蒸れを起こす心配はなさそうです。

ミズノ ウェーブエニグマ5
ミズノ ウェーブエニグマ5

後ろまでしっかりメッシュ素材で覆われています。

ミズノ ウェーブエニグマ5
ミズノ ウェーブエニグマ5

履き口のベロにゴールドで描かれたmizunoマークがついているからなのか高級感があります。

ミズノ ウェーブエニグマ5
ミズノ ウェーブエニグマ5

足首をしっかりホールドしてくれそうです。

ミズノ ウェーブエニグマ5
ミズノ ウェーブエニグマ5

私の足裏痛(足底筋膜炎)を和らげてくれそうな頼もしいソールです。

そう、これが目的でウェーブエニグマを買ったといっても過言ではありません!

ミズノ ウェーブエニグマ5
ミズノ ウェーブエニグマ5

つま先部分が床面よりこれだけ上に反り返っています。

ローリング走行しやすいことに加えてつまづき予防にひと役買ってくれそうです♪

ミズノ ウェーブエニグマ5
ミズノ ウェーブエニグマ5

ソールの硬さを確認。

普段履いているダンスシューズやエアロシューズに比べると硬めです。

クッション性を重視するとこうなるのかな、と想像。

ミズノ ウェーブエニグマ5
ミズノ ウェーブエニグマ5

実際に履いてみた様子です。

一見派手!にみえるピンク色もアウトドアでは非常に鮮明に映えて美しい♪

ランナーたるもの足元は明るい色に限るよねと満足しました←誰からも褒めてもらってないので自己満足。

^TOPへ戻る^

並べて比較

あくまでも見た目の比較となりますが、参考までウェーブエニグマ5、ウェーブエニグマ6を並べて比べてみました。

なおウェーブエニグマ5は今回私が買ったもの。ウェーブエニグマ6はミズノランスクールで試し履きしたものです。

ウェーブエニグマ5、ウェーブエニグマ6を比較
ウェーブエニグマ5、ウェーブエニグマ6を比較

そもそもカラーテイストが全く違うため一概にデザイン比較はできない!とはいえ、見た目で大きな違いを感じたところは後姿でした。

見た目、頼もしいソール厚みはほぼ同じ。

最新ウェーブエニグマ6の方がカカト部分に特別なパットが当てられ補強されていることが分かります。

ちなみにウェーブエニグマ初見で私が厳つい、武骨と思ったデザインは写真右、最新のウェーブエニグマですw

初見「これってメンズ向け?」と思えたのですが正真正銘レディース向けシューズ。

誤解がないようお伝えしておくと最新ウェーブエニグマ6のデザインについて散々”武骨だ、レディース向けに見えない”と書きましたが、実際に履いてみるとクールでカッコ良かいです。

ウェーブエニグマ5、ウェーブエニグマ6を比較
ウェーブエニグマ5、ウェーブエニグマ6を比較

ウェーブエニグマ5、ウェーブエニグマ6を比較して、走る上で大切なソールに搭載されている技術的要素は変わらないと記憶。

頼もしい厚みは健在も構成するパーツが微妙に異なるようです。

ウェーブエニグマ5、ウェーブエニグマ6を比較
ウェーブエニグマ5、ウェーブエニグマ6を比較

アウトソール全体を比べてみた様子です。素人目にはカラーデザインの違いとしか思えません。

^TOPへ戻る^

まとめ

ウェーブエニグマ5と6を履き比べてみた感想

履き比べたといってもウェーブエニグマ6はミズノランニングスクールにてほんの1時間程度、履いただけ。

更に1ヶ月以上時間をおいてウェーブエニグマ5を購入、履いているため実際に履いてみた違いについて細かい点は正直分かりません。

とはいえ双方共に言えることは足をしっかり守ってくれるなぁという事。

クッション性が高いことは履いた瞬間に実感。

それ以上に感じたことは内側からのサポート。

動いた時に起こる横ぶれも殆どなし。

乗ったことないけれどイメージとしてパイロットのカラダに合わせてぴたり作られた戦闘機のコクピットに足を入れている感じ。

シューズ内側から圧がかかりフィットする感じが頼もしいと思いました。

少なくとも数週間走ってみないとシューズの良さは分かりっこない!と思っていたのですがウェーブエニグマは別物。

ミズノランニングシューズの中でも値段が張るだけの理由はあると感じました。

なおウェーブエニグマ5で実際に走ってみた感想は別記事にてアップ予定。


記事で紹介したウエーブエニグマはミズノ公式で販売しています➡️ ミズノ公式オンラインショップ

^TOPへ戻る^